Archive for the ‘恵庭XCED’ Category

恵庭XC リザルト  (9月25日)

2017-09-25

■9/24に開催された恵庭クロスカントリーエンデューロのリザルトを掲載します。

前夜の激しい雨からは想像もできないほど綺麗に晴れ渡たった秋空の下、最高のコンディションで大会は開催されました。当実行委員会としては初めての恵庭XCでしたが、反省点はあるものの大きな問題もなく開催運営ができたと思っています。今回の経験を活かして、来年の開催に向けた準備に入りたいと思います。

閉会式でもお話しましたが、来年の開催に向けてみなさんのご協力が是非とも必要です。今回の恵庭XCで使用させてもらった国有林野は、我々オフロードバイク愛好家にとっては、正に天国のような場所です。しかしながら、この地域はレジャー目的での入林が一切禁止されている場所でもあります。来年の開催のためにもひとりひとりのオフロード愛好家がルールとマナーを守ることが大切です。是非ともご協力をお願いします。

 

リザルトはこちら

 

9/24開催 恵庭XC エントリーリスト(確定版)  (9月23日)

2017-09-23

■いよいよ明日に迫った恵庭XCのエントリーリスト(確定版)を掲載します。最終的なエントリー数は42名となりました。今までの大会から比べるとかなり少ないエントリーとなりましたが、当実行委員会としては初開催の今大会において確実な運営を行うには丁度いいエントリー数だと思っています。当日は、総勢35名のスタッフ一丸となって大会運営に当たります!!

受付時に運転免許証、登録証、自賠責証の確認をしますので、忘れずに持参してください。

エントリーリスト(PDF)

 開催要項

9/23
・14:00~18:00 受付・車検
(9/23はパドックにて前泊可能)

9/24
・07:00~08:30  車検・受付
・09:00  開会式・競技説明
・10:00  スタート
・16:00  表彰式・閉会式

 

恵庭XC エントリーリスト (9/15現在)  (9月16日)

2017-09-15

■恵庭XC、9/15現在のエントリーリストを掲載します。ライディングナンバーについては、希望ナンバーの入力がされていない方はこちらで指定させていただきました。なお、バックグラウンド、数字の色については指定はしませんので、数字が読み取り安い組み合わせで各自で作成してください。

■現在のところエントリー数は相当に少ないものとなっています。約40km/1周の林道・作業道を一気に走り抜ける楽しさは別格、正にオフロードパラダイスです。エントリー受付の締切は9/20です。この機会に是非、体験してみてください。

■今大会では、一番通り整骨院様のご協力で救急救命士 3名+αがパドックに常駐し緊急時に対応します。

■リアタイヤ規制についてお問い合わせをいただいています。一般公道、林道、作業道を走行する恵庭XC(苫小牧XCも同様)ではリアタイヤはFIM規制に合致したタイヤのみが使用可能となっています(フロントタイヤには規制は設けません)。なお、ミシュラン AC-10についてはメーカーカタログに公道走行可とありますが、FIM規制には適合していませんので恵庭XC(苫小牧XCも同様)では使用不可とさせていただきます。

■バイクスペース高見道様では、FIM規制をクリアしたVEE Rubber VRM-211を販売しています。価格もリーズナブルな上に性能も折り紙つきです。高見道では道内向けであれば一律3本まで810円で発送が可能です。タイヤでお困りの方は高見道まで連絡してみてください。高見道 011-378-4366 Vee Rubber

フロント  VRM-211F   90/90-21 5000円
リア    VRM-211R 120/90-18 6500円  VRM-211B 140/80-18 7800円
送料    道内一律 3本まで810円

 

エントリーはこちら

開催要項・恵庭XC情報はこちら

恵庭XC 情報  (9月10日)

2017-09-10

■恵庭XC開催まであと2週間となり、パドック準備、コース整備等、そろそろ開催に向けた動きが慌ただしくなってきています。

■パドック、SSへの移動経路については画像を参照してください。今回からパドックが例年の恵庭市民スキー場から替わり、スキー場から500mほど恵庭湖方面へ向かったま右側になります。当日は入り口に看板を設置しますので、お間違えのないようにお願いします。また、パドック内通路は一方通行としますので、出入口をお間違えないようにお願いします。パドックのゲートオープンは23日10:00とします。23日は前泊が可能ですが、トイレ以外の設備はありませんのでご注意ください。また、パドックでの火気の取扱いについては十分に注意をしてください。直火は禁止します。

■競技区間のコース図については森林管理署との打ち合わせで掲載を自粛することにしました。これは、コース図を発表することにより、無断入林が増えてしまうことを危惧したための措置です。参加者の皆様にはご理解をいただきたいと思います。

競技区間の総距離は約40km。内訳は、林道が67%、作業道が33%となっています。

 

■エントリー受付を9/15→9/20まで延長します。エントリー予定の方はお早めにお申し込みをお願いします。 エントリーはこちら

 

9/24開催 恵庭クロスカントリーエンデューロ エントリー受付開始  (8月17日)

2017-08-17

■長らくお待たせしました。本日より恵庭クロスカントリーエンデューロのエントリー受付を開始します。

 

エントリーはこちらから

開催要項

 

DSC_0843

 

9/24開催 2017 恵庭クロスカントリーエンデューロ 開催要項  (8月8日)

2017-08-09

■本日、所管する森林管理署から恵庭クロスカントリーエンデューロ開催要項の告知開始の許可をいただきましたので下記に掲載します。 正式な使用許可をいただくまでには、まだいくつかの手続きが残っていますが、ひとまず内諾をいただくことができました。これもオフロードバイク愛好家の皆さんの応援とご協力のたまものと感謝しています。なお、エントリー受付開始は8/18を予定しています、それまで今しばらくお待ちください。

■オフロードバイク愛好家の皆さんに再度お願いがあります。国有林内へ無断で立ち入ることは止めて下さい。先日、森林管理署で1枚のDVDと何枚かの写真を受け取りました。写真には国有林入り口のゲートを開け、または潜り抜け、国有林内に進入する多くのオフロードバイクが写っていました。DVDにはもっと多くの画像データが保存されているそうです。実行委員会が設置した無断進入自粛要請の看板を目の前にして、悠々とゲートを潜り抜けるバイクの写真を見て、悲しい気持ちになりました。

写真からはゼッケン番号や登録番号を容易に読み取ることができますし、服装やヘルメットのメーカーまで判別することが可能でした。やる気になれば個人を特定することも不可能ではないでしょう。しかしながら我々はそんなことをする気はありませんし、個人を特定したところでこの問題が解決しないことは解っています。

皆さんもご存知のとおり、道央地区の国有林内にある林道・作業道は、おそらく全国有数の、もしかしたら全国一のオフロード天国とも言えるものだと思います。同時にそこは農林水産省 林野庁 北海道森林管理局 森林管理署が国民の財産である国有林を維持・管理するために、その必要に迫られて無断進入を禁止している場所でもあるのです。我々がルールを無視し自らの欲求を満たすためだけに無断進入を繰り返し、道路面を損傷するだけではなく、道路でもない林地に深い轍を残し、清流の川を濁らせる。こんなことを続けていたら、その先に見えるのは、より厳重な管理による締め出し。言い方を変えれば一切の進入の禁止、取り締まり、検挙・・・・。悲しい結果が待っているだけで自分で自分の首を絞めることになるのです。

今、当実行委員会は、正式に、正面玄関から、誠実に、その天国みたいな場所でクロスカントリーエンデューロを開催するための、思う存分にバイクを走らせるための使用許可の申請を行っています。そして、その内諾をいただくところまでようやく漕ぎ着けることができました。国が管理している場所でもルールや約束を守り、然るべき手続きをすれば正式に使用することができるのです。

以前にも書きましたが、批判的なご意見があるのは重々承知していますし、ある意味もっともなことだと思います。それでもなおお願いします。無断進入は止めてください。ご協力をお願いします。

恵庭クロスカントリーエンデューロ実行委員会
代表 畑 由孝

 

 2017 恵庭クロスカントリーエンデューロ 開催要項
■開催地・恵庭市
■日時・平成29年9月24日
■主催・恵庭クロスカントリーエンデューロ実行委員会
■運営主管・モトクラブ騎馬民族
■後援・恵庭市
■協賛・ダンロップ北海道 株式会社
・ハスクバーナ札幌
(順不同

■協力・バイクフィールド サドルバック
・バイクスペース 高見道
・株式会社 ハイルック
・モトクラフト
・株式会社 クリエイト
・モーターサイクルプロショップ ZIP
・ホンダ札幌販売
・MISSION
・モト・ウェーブ
・やきとり米澤
・コンセプト札幌
・Auto Studio 2 and 4
・ビジネスホテル SG
(順不同)
■事務局・恵庭クロスカントリーエンデューロ実行委員会
・連絡先 090-8900-2525
■募集総数・100名
■競技施設・国有林内林道・作業道 40km/1周
■競技方式・クロスカントリー競技 周回数方式(規定時間内に規定数の周回を行い、
各周回の合計時間を競う方式)
■規定周回数・SA・A・B 5周(予定)
・C・市販車・女性 3周(予定)
■競技規則・準備中
■特別規則・準備中
■車両規定・国内法規に基づき正規に登録され、自動車賠償責任保険(自賠責)に加入した
モーターサイクル(オフロード走行に適した車両) 
・リアタイヤはFIM規格(公道走行可)とする
■出場資格・日本国内において、出場車両の運転が可能な運転免許保持者
・EZOモトクラブ加盟のスポーツ安全保険加入者(申し込み時に加入可能)
■クラス・SAクラス 全日本エンデューロ IA・IB相当 上級者
・Aクラス 全日本エンデューロ IB・N相当 中・上級者 
・Bクラス 全日本エンデューロ N相当 中級者  
・Cクラス 初心者 
・市販車クラス  国内市販車(輸入車、競技専用車両を除く)
・女性クラス 女性
■時間割9/23
・14:00~18:00 受付・車検
(9/23はパドックにて前泊可能)

9/24
・07:00~08:30  車検・受付
・09:00  開会式・競技説明
・10:00  スタート
・16:00  表彰式・閉会式
■エントリー・受け付け期間 8月18日~9月19日(予定)
・エントリー方法 webエントリー
■出場料金・SA・A・B ¥18,000-
・C・市販車・女性 ¥15,000-
■支払方法・PayPal(クレジットカード)
・銀行振り込み 北洋銀行 西野二股支店 普通0289671 EVOLUTE 代表 畑 由孝
■スポーツ安全保険・保険料 ¥2,000-
・4/1以降、サドルバックED、にこにこEDに出場し保険加入した方は不要

恵庭XC・苫小牧XC・ピリカXC 開催日程(予定)変更のお知らせ  (8月2日)

2017-08-02

■かねてよりご案内している各大会ですが、そもそも準備開始が遅れてしまったことに加えて、7月末の段階で新たな国有林利用申請が必要になるなど諸手続きに遅れが出ています。出場を予定されていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、今後の開催告知開始時期や受付期間等を考え各大会の開催日程(予定)を変更させていただくことにしました。

恵庭XCエンデューロ   9/39/24                                                         苫小牧XCエンデユーロ  10/110/22 or 10/29                                                   ピリカXCエンデユーロ  開催中止(来年の開催へ向け林道調査等は継続します)

正式な開催告知と受付の開始は森林管理署からの利用許可をいただいてからとなりますが、おおむね8月中旬までには正式告知と受付開始ができるのではないかと考えています。

現在のところ、両大会とも予定コースはほぼ確定し約40km/1周となる見込みです。また、備品の発注や制作も順調に進んでいます。恵庭XCの開催予定まで2か月を切ってしまいましたが、これからも開催に向け出力を上げて準備をしていきます。

正式告知・受付開始まで今しばらくお時間をいただきたいたいと思います。

 

DSC_0849

DSC_0871

DSC_0843

 

モトクラブ騎馬民族 2017年開催予定  (2月7日)

2017-02-07

■モトクラブ騎馬民族の開催予定をお知らせします。

・5/14 MFJ北海道エンデューロ選手権シリーズ 第1戦 室蘭大会

今のところMFJ北海道からの正式発表はありませんが、5/14に室蘭八丁平モトクロスコースにおいて、第1戦を開催を準備しています。室蘭八丁平モトクロスコースは室蘭エンデューロで有名で、黒土でアップダウンのあるテクニカルなコースです。北海道エンデューロ選手権は初開催となります。

・6/25 にこにこエンデューロ 夕張大会

高見道さんと共同開催のにこにこシリーズです。例年の夕張モータースポーツランドを使用した初心者から上級者まで楽しめる大会です。

・7/2 陸別クロスカントリーエンデューロ

例年の陸別サーキットを飛び出し、WRC(世界ラリー選手権)でも使われた林道・作業道を使った大会となります。午前に林道・作業道コース(30km/1周)を3~4周し、午後からはいつもの陸別サーキット特設コース(8km/1周)で90分程度のクロスカントリーを行います。公道走行がありますので、車両規定は正規登録車両となります。

・8/6 苫小牧クロスカントリーエンデューロ(予定)

HOPを拠点として、苫小牧に広がる国有林内の林道・作業道をコースとして使用します。陸別XCED同様に午前に林道・作業道を3~4周、午後からはHOPでクロスカントリーを行います。昨年、林道・作業道コースはすでに下見を行い、40km/1周程度になりそうです。午後からのHOPも新たなコースを開拓し、テクニカルなウッズコースを中心に30分/1周の新コースとなります。昨年は競技車両での参加が可能でしたが、今年は公道走行がありますので、車両規定は正規登録車両となります。

・9/3 恵庭クロスカントリーエンデューロ(予定)

惜しまれつつも一昨年を最後に開催が終了した恵庭エンデューロを復活開催します。長い歴史のある恵庭エンデューロの名を汚すことのないように、十分な準備をして開催の予定です。具体的なインフォメーションはこれからですが、40~50km/1周程度の林道・作業道コースを予定しています。公道走行がありますので、車両規定は正規登録車両となります。

・10/15 ピリカクロスカントリーエンデューロ(今金町)

昨年初開催となったピリカクロスXCEDをスケールアップして開催の予定です。昨年はスキー場エリアのみ使用した比較的短いコースでしたが、今年はピリカダム周辺の林道・作業道も使う予定です。新しい林道・作業道コースについては雪解けとともに下見をする予定ですが、20~30km/1周程度にはなると思います。昨年は競技車両での参加が可能でしたが、今年は公道走行がありますので、車両規定は正規登録車両となります。

 

 

Copyright(c) 2005-2014 MotoClub Kiba-Minzoku. All Rights Reserved.